学校での集団検診

学校で行う健康診断の事

トップ

学校での健康診断について

学校での健康診断は保健安全法という法律において児童生徒の健康保持増進のため、6月末日までに実施されることが定められています。検査項目は、その学年や地域などに応じて決められています。身長や体重などの成長を測るものもあれば、内科検診、歯科検診、耳鼻科検診、眼科検診、視力検査、聴力検査、心電図検査、尿検査など疾病や異常の有無を見るものもあります。学校での健康診断はスクリーニング検査と言って、集団検診で病気があるかないかを見ていき、ふるいにかけて、疑いがある児童生徒については個人で専門医に行って詳しい検査やそれに応じた治療をしてもらうことになります。

事務

集団の健康診断について

児童・生徒・学生を対象とし、ほとんどの学校で年に数回健康診断が行われます。これは、社会人の健康診断と同じく病気の早期発見なども目的とされていますが、子供の成長を見るという目的もあります。授業の一環として、保険の先生から体についての勉強も一緒に行われたりします。診断項目は、身長・体重等を測定するという簡単なものが多いです。学校校内で行われるため、レントゲン検査のような特別な機材が必要な物はあまりありません。ただ、年に一度くらいは、移動車がやってきて込み入った検査をする場合もあります。また、専門医による歯や耳の検査などもあります。

集団検診についての情報

新着情報