予備校をうまく選ぶ

予備校選びは講師の質

トップ / 予備校選びは講師の質

失敗しない予備校選び

大学全入時代ともいわれる今、受験生にとっての悩みどころは自分に合った予備校選びでしょう。その質は合格への道のりを確実に左右するものですが、その選考にあまり時間をかけられないことも事実です。最重要となるのはやはり、講師の質です。その講師による生徒の合格実績を調べましょう。また、講師にはプロ以外に大学生アルバイターの講師がいますが、大学生だからと低く見て視野を狭めないことも必要です。さらに卒業生の声に注目し、その講師が生徒個々人に熱心な対応をしていたかどうかに着目することも非常に重要だと言えるでしょう。

医学部受験のための予備校選び

医学部人気は上がっています。国公立はもちろんのこと、私立もかなりの難易度です。そこで、どんな予備校を選ぶのかも、合格への鍵となります。まず、国公立と私立で受験のシステムが異なり、国公立は、センター試験で高得点を取ることが前提で、更に2次試験もあります。要はまず、センター試験で高得点を取るために、全科目勉強をしないといけないわけです。逆に私立は、大抵の場合、英・数・理のみの受験となります。また、大学ごとに、試験の出題傾向もかなり異なります。自分の希望する大学の医学部に合った予備校を選ぶことが重要です。

集団検診についての情報